ISS

筑波大学総合交流会館 壁面

宇宙芸術情報 2011.10

筑波大学大学会館にて、逢坂教授の宇宙芸術の作品写真が展示されています。

第一回研究会レポート

第一回研究会レポート

7月2日(土)第一回公開研究会を開催しました。「今、なぜ宇宙芸術なのか − ISS宇宙芸術実験の可能性」、概要をレポートします。

2c42c4d11ea00fb23e51c1f166386979_2

第一回研究会「今、なぜ宇宙芸術なのか-ISS宇宙芸術実験の可能性」

開催日時:2011年7月2日(土)15時~(14時30分開場)

Aurora Oval-1 Osaka&JAXA

Spiral top Ⅱ – Aurora Oval -

実験は5月12日〜13日にアメリカのKeddy Colman宇宙飛行士とイタリアのNespoli Paolo宇宙飛行士により実施されました。

space_modeling

宇宙芸術とは2

2008年10月13日 (月) 視点・論点「宇宙芸術」より 逢坂卓郎 初めての地球外に於ける芸術の展示は、1993年にロシアの宇宙ステーション・ミール内で展示されたアメリカのアーティストArther Woodsの彫刻“C […]

Marbling-2

「墨流し水球絵画」宇宙芸術実験

「墨流し水球絵画」宇宙芸術実験 無重力環境に於ける墨流し絵 画パターンを和紙にプリントし地上に持ち帰った。