プロジェクト

宇宙芸術トーク2013

種子島宇宙芸術祭プレイベント

宇宙芸術トーク2013

- 宇宙芸術と地域の連携で何が生まれるか -

「種子島宇宙芸術祭」に向けて、今年のプレイベントや芸術祭の構想について紹介します。これから種子島で何が起こっていくのか?宇宙芸術と地域の可能性について皆さんと語り合い、島の未来を考えます。

日程 :2013年8月12日(月)17時〜19時
場所:宇宙科学技術館オーディトリウム (種子島宇宙センター内)
主催:種子島宇宙芸術祭推進協議会
協力:南種子町、南種子町商工会、種子島観光協会、宇宙航空研究開発機構(JAXA)ほか
対象:一般

予約:不要
参加費:無料

【概要】

「宇宙芸術と地域の連携で何が生まれるか」をテーマに、トークイベントを実施する。

こども宇宙芸術や衛星芸術のプロジェクトをはじめ、今後種子島で展開される「種子島宇宙芸術祭」を地域や社会の視点から見つめ直し、これまでとこれからについて語り合う。

【目的】

種子島で宇宙芸術が展開されることでどのような可能性が生まれるのか、地域の人々と共に「種子島宇宙芸術祭」における地域連携のあり方を考える。

【メンバー】

パネリスト:逢坂卓郎(筑波大学)、鈴木浩之(金沢美術工芸大学)、森脇裕之(多摩美術大学)、日髙広太郎(種子島宇宙芸術祭推進協議会)

コーディネーター:田中ゆり