ニュース

7月6日(日),8月3日(日) ミッション[宇宙×芸術]展WS・beyond第7回研究会のお知らせ

 来る、7月6日と8月3日に、東京都現代美術館にて開催されているミッション[宇宙×芸術]展の関連ワークショップと兼ねて、第7回目のbeyond研究会、「宇宙服ワークショップ ~Tokyo Spacesuits Collection 2014~」を開催致します!


 
◯テーマ —————————————————

「宇宙服をデザインしてみよう!」

 
◯開催趣旨 —————————————————
 一般的に「宇宙服」というと、潜水服などに似たイメージがありますが、この少し動きづらそうな宇宙服にもたくさんの技術者の努力や知恵、想いが込められています。しかし、さらに人が宇宙へ進出する時代に向けて、生命を維持するためだけの宇宙服に+αが必要になるのはそう遠い未来ではないはずです。本ワークショップは、現存する宇宙服にはなかった、+αとなる≪面白い・ファッショナブル≫な「次世代の宇宙服」、特にヘルメットに焦点を当てて、機能性・芸術性・デザイン性といった様々な側面を考慮したデザインを行います。講義・グループディスカッションを通して、宇宙で使用するためにはどのような技術的な要求が満たされる必要があるのか、またそれらの機能性とデザイン性の折り合い をどのようにつけていくのかを学び、最終的に新しいヘルメットの設計図の作成を目指します。

 
◯開催日 ——————————————————
2014年 7月6日(日)8月3日(日)の2回の予定。
※2回とも参加可能なことが参加の条件となります。

 
◯会場 ———————————————————
東京都現代美術館 講堂・研修室(B2F)

 
◯企画協力 —————————————————
公益法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 (※ミッション[宇宙×芸術]展に関してはこちら)
多摩美術大学 メディア芸術コース メディアラボ (久保田晃弘)

 
◯定員 ———————————————————
20人程度(応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。)

 
◯申込受付 ———————————————
こちらよりご登録ください。
申込期間:2014年7月3日~7月6日

 
◯参加費 ——————————————————
無料
※ただし当日有効の[宇宙×芸術]展チケットが必要です

 
◯主な対象 —————————————————
工学系・デザイン系の学生・社会人
※対象でなくとも参加可

 
◯プログラムスケジュール ——————————
— 宇宙服ワークショップ1回目(7/6) —
【午前の部】10:30~13:10
・テーマ:「宇宙服と技術要求」
・講師:青木伊知郎氏(JAXA有人宇宙ミッション本部有人宇宙技術センター)
・講義内容:宇宙服の概要、技術要求について
・グループディスカッション:宇宙服のヘルメットの技術要求を考える

【午後の部】14:10~16:00
・テーマ:「プロダクトデザイン」
・講師:筧康明氏(慶應義塾大学 環境情報学部 准教授)
・講義内容:技術要求項目”+α”
・グループディスカッション:各チームの”+α”を考える

— 宇宙服ワークショップ2回目(8/3) —
時間 : 13:00~17:30 (TBD)
・テーマ:技術要求とデザイン性を両立させた次世代宇宙服ヘルメットの設計
・グループワーク:宇宙服ヘルメット設計図の作成

 
◯事前課題 —————————————————-
 ワークショップに参加する前に、自分なりに、宇宙服についての資料を調べる、 設計図製作に使えそうなソフトの知識を共有できる形にする、ワークショップ参加前に考える宇宙服のヘルメットのスケッチを描いてくるなど、積極的な参加を期待しています。なお、事前課題はグループワークの始めにアイスブレイクとして、グループのメンバーと共有していただく予定です。

 
◯注意事項 —————————————————-
※ワークショップ参加者は7月6日(日)、8月3日(日)の両日の参加が必須となります。どちらか片方のワークショップへの参加は不可となります。
※両日参加ができない場合も、ワークショップの観覧は可能です。その際の参加登録は必要ありません。
※グループディスカッションは4~5人のグループにて行う予定です。

 
◯お問合せ先 ————————————————-
宇宙芸術コミュニティ beyond[space + art + design]
互井 梨絵 E-mail: beyond.apply@gmail.com
TEL:050-3362-4149