ニュース

研究会のお知らせ 芸術衛星フロンティア

芸術衛星フロンティア~2013年に打上る二つの大学人工衛星~

 

来たる9月23日(日)に、宇宙と芸術について第5回研究会を行います。

今回は2013年7月にH-2Aロケットで打ち上げ予定の2つの大学人工衛星がテーマです。いずれも1辺10cmの超小型のキューブ衛星ですが、芸術とコミュニケーションをテーマとするユニークな衛星です。現在ICCオープン・スペースで実施案をベースにした展示を行なっている多摩美術大学と東京大学の「芸術衛星INVADER」、そして、筑波大学の「ITF-1結」の開発担当者の方々からプロジェクトについてお話を伺います。人工衛星を媒介にした、宇宙空間をリソースとした芸術表現の可能性を探りたいと思います。

※詳細はこちら:beyond 第5回研究会資料

■テーマ:「芸術衛星フロンティア~2013年に打上る二つの大学人工衛星~」

■日時:2012年9月23日(日)14時~16時

■場所:
「NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)ギャラリーA」
(東京オペラシティタワー5階)
東京都新宿区西新宿3-20-2
http://www.ntticc.or.jp/About/access_j.html

■ パネラー:
久保田晃弘(多摩美術大学)、田中利樹(東京大学)(予定)、亀田敏弘(筑波大学)、担当学生(馬場隆 ほか)

■モデレータ:
逢坂卓郎 (beyond代表)